似鳥裕子 プロフィール

似鳥裕子のプロフィールに興味をもっていただき、ありがとうございます。少々気恥ずかしいのですが、プロフィールを掲載しますので、ご一読いただけましたら幸いです!

幼少期・小・中学生・・・引っ込み思案でした!

引っ込み思案で、とても泣き虫でした。(といっても、今ではあまり信じてくれる人がいませんが・・・)あまりに引っ込み思案だったことを心配した幼稚園の先生が、運動会の日に目立つポジション(指揮者)を用意してくれました。

お人形遊びやものづくりが好きで、インドア派でした。母がお裁縫やお料理が得意だったので、夏休みなどはよく一緒に作ったものです。私のものづくりの原体験はここにあると思います。小学2年生からは書道を習い始め、大学時代まで続けました。

人付き合いは得意ではなく、お友達もそんなに多くはありませんでした。お友達はみんな「○○ちゃん」と「ちゃん」付で呼び合うのに、なぜか私は「○○さん」と呼ばれ・・・なんでだろう? と子供ながらに悩みました。

小・中学生の頃は、黒板の板書を自分なりにレイアウトしてノートにまとめるのが好きでした。(今思えば、グラフィックデザインの仕事は、この時の延長のような・・・)また、背も高く、落ち着いて見えたようで、小学-中学時代はずっと学級委員というみんながやりたがらない役割がまわってきました。それほど嫌というわけでもなかったので、引き受けていたら、いつのまにか、何でもそつなくこなす優等生キャラになってしまっていて、多少の居心地の悪さを感じていました。

中学時代 ・・・理不尽の極み?!

中学時代はテニス部でした。長時間で成果の薄い練習、厳しい上下関係、奇妙な決まりごと・・・「理不尽の極み」にどっぷり浸かったの3年間でした。小学生の頃から親しかった友人が遠方に引っ越してしまい、大変困ったことを覚えています。かなり長い間「文通」をしていました。自分の感情を口に出すのが得意ではなく(いまでもそうですが)、なぜか手紙という形だと本音を伝えられるように感じたのかもしれません。

あまり大きな声では言えませんが、授業中、学校の机にレタリングをして遊んでいました。当時はやった漫画のタイトルとか・・・ これも、仕事につながっていますね・笑

自由な高校・大学時代

高校入学当初、テニス部は人気が高く、1年生は走り込みばかりしていたため、持久走の大嫌いな私はバドミントンに鞍替えしました・笑 自主自律を掲げる高校で、服も自由。一番驚いたのは、部活の先輩が後輩を「○○ちゃん」と呼び、めちゃくちゃ優しかったこと。先輩というのはかくも優しいものなのか! と、ショックを受けました。

書道の授業を選択したところ、先生に書道部に誘われてたので入部しました。いままで書いたことのない大きな作品に取り組んだり、夏休みに汗だくになりながら作品制作に取り組んだり、「創作」の面白さを学んだ3年間でした。

部活動は満喫しましたが、成績は下降の一途を辿り、卒業の頃は目も当てられず(笑) 一浪して、大学に入り、入学式で高校時代のバドミントン部の先輩に誘われて、そのままバドミントンサークルに・・・ 

大学でも書道サークルに入りましたが、何のために、昔誰かが書いた字を真似して書くんだろう? 意味があるんだろうか? 自分は何を書きたいんだろう? と考え始めたら、とうとう書けなくなってしまいました。

これといって、夢中になれることはなく、自分は何がしたいのだろう? と考えているうちに、あっというまに3年生になり、何のために仕事をするのかな? と、焦燥感と不安を覚えつつ、就職活動の時期を迎えました。

ものづくりが好きなので、それを活かせたらいいなぁ、という思いからグラフィックデザイナーを志望しましたが、そもそも美術系の大学を出たわけでもなく、氷河期ということもあり、大変厳しい就職活動でしたが、就職中に出会ったデザイナーさんの紹介で、卒業式の前日にアルバイト先が決まりました。

制作会社・ブラック企業etc…

いくつかの制作会社を経験しました。会社に泊まり込んで仕事をしたり、今思えばブラックな企業もありました。楽しかったのは新国立劇場のオペラのパンフレットに携わった頃です。それまでオペラなど見たことはありませんでしたが、ゲネプロという通し稽古を見せてもらえたのです。なんども上演される演目が演出によってまったく違うものに見えるのは面白いものでした。また、新聞広告も1000本くらいは作りました。新聞は文字広告なのですが、私のデザインレイアウトが異常に早いのはこの時数をこなしていたおかげです。

ある日、とても尊敬していたグラフィックデザイナーの事務所の募集を知り、応募しましたが、面接で落ちてしまい、それを期に、いままでと違うことをしてみようかな、と考えるようになりました。

伝統工芸品の企画・デザイン・販売・webショップの運営・・・

江戸切子のお箸置き

その後、小さな制作会社に勤務しながら、新しい道を模索しました。大学時代、美術史を学んでいた頃に、工芸品はとても素晴らしいのに、なぜこんなに評価が低いんだろう? とおもったことを思い出し、職人さんにお願いして、オリジナルで商品をつくってもらいました。当時勤務していた会社に許可を得て、勤務中の空いた時間に伝統工芸品の開発業務を行い、最終的に製品化することもできました。グラフィックデザインは「使い捨て」となる場合が多いのですが、愛情を注いで作ったものが製品という「形」となり、長く愛されるというのはとても幸せなことでした。現在もスガハラ工芸硝子さんとライセンス契約をさせていただき、伊勢丹新宿店などで販売されています。(online shopからご購入いただけます)

デザインにできることは何だろう?

グラフィックデザインは丁寧につくろうと思うと際限なく手間がかかりますが、その割に使い捨てになってしまうこともありました。せっかく仕事をするなら、愛情を込めて仕事をしたい。丁寧につくるのだから、長く使ってほしい。そんなことを考えている時に、友人からwebサイトや名刺、チラシをつくれないか、と相談をちらほら受けるようになりました。

それまでデザイナーとして、できることは「美しい」デザインをすることでした。グラフィックデザイナーのところには、通常、戦略に基づいて作られたコピーや写真といった「素材」がまわってくるのです。

しかし、個人からの依頼となると、方向性も定まらず、事業計画書もない場合もあります。お客さんもwebサイトを初めて作るので、どうしたらよいかわからない・・・そんな状態で、必要に迫られて、マーケティング、マネジメントを学びました。私の最終的なアウトプットはデザインなので、最終的に、一気通貫するブランディングを仕事にしたいと思うに至りました。

2012年に独立し、ブランディングのパッケージ商品を作り、サービスを提供してきましたが、同じように提供しても、スイスイと成果をあげる人、なかなか思うように進まない人・・・様々な方がいました。

得意なのは理念(ゴール)からデザインまで一貫性をもたせること、つまりブランディング

ロゴなどを依頼される際には、最初にゴールやミッションを明らかにするプロセスがあるのですが、実際にサービスを提供して、意外にもとても喜ばれたのが「ゴール」や「ミッション」を言語化することでした。

最初は偶然かな、と思ったのですが、あまりにお客さんが喜んでくださるので、次第に、私はお客さんの「ゴール」や「ミッション」を見つけるのが得意なのかも・・・と思うようになりました。

もしかしたら「何のためにそれをするの?」ということを執拗なまでに考えてしまう私の面倒な性質が、役に立ったのかもしれませんね。

思い起こせば、近しい友人には、あなたは○○がしたいんだね、とか、そのために△△ができるね、など、自然と話をしていたことなので、これは私の得意なことなのだな、と今は思います。

そんなわけで・・・私は表面的に綺麗にかっこよくみせるだけのデザインには、まったく興味がありません。内面をえぐるようにして、デザインが浮かび上がる・・・みたいなイメージが近いと思います。

出産と体調不良・・・

2014年に出産をしました。独身時代はどちらかというと、子供は苦手だったので、自分の子を可愛いと思えるだろうか??と不安でしたが、実際に抱いて見ると子供はとても可愛く、パワフルで素敵な存在でした。

出産後、原因不明の体調不調となり、全身アトピーになったり、首が突っ張って回らなくなったり、高熱で救急車で搬送されたり・・・と、仕事どころではなくなり、原因を探して様々な病院を転々としましたが、これといって悪いところは見つからず。「そういうことはよくあるんですよ」「不定愁訴ですね」と軽く流す医師にガックリ・・・

おかげさまで、最近になって「金属アレルギー」であることが判明、現在では日常生活は問題なく送れるようになりました。不安で押しつぶされそうな時期を支えてくれた夫と両親にはとても感謝しています。

2019年から・・・

出産前の仕事量の80%くらいで仕事をしていこうと思っています。ブランディングをして、個性を活かして活躍しているお客さんを見ると、とても楽しそうなのです。いや、ある意味遊んでいるようにも見える! まるで、仏性が現れているみたい。美しいなぁ、楽しい感じがすごくいいなぁ! お客さんのああいう姿を見たいなぁ。そして、私もそうなりたいなぁ。

というわけで、そういう仕事を創ったり、あるいは出会ったりできたらいいな、とおもっています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! お目にかかれる日を楽しみにしております。