BLOG

ブログ

hashioki-package

こんにちは! ブランドリデザインの似鳥(PLOFILE)です。

突然ですが・・・私、プレゼントが大好きです。戴くのも好きですが・笑
相手のことを想って、プレゼントをするのがとても好き。
もっというと、考える時間がとても好き。

まぁ、それを仕事にしたら、デザイナーだった、と言うことなのかもしれません!

10年以上前のことですが、
伝統工芸の価値は素晴らしいのに、なかなか一般の方にそれが伝わらない・・・と感じていた頃、
こんな商品を作りました。(現在は、だいぶ状況が変わって、素敵な伝統工芸品が増えて嬉しいです!)

江戸切子のお箸置き

素材は日本のメーカーに依頼して使用させていただき、
江戸切子の伝統工芸士さんにカットを依頼しました。

お客様へのプレゼント、そして、製作してくれた方へのリスペクトの気持ちを
たっぷりと込めてパッケージデザインをしました。

いろんな人の工夫や苦労、想いがプロダクトには込められているから・・・
この製品は、大切に扱われるのにふさわしいものだ、みんなに大切に扱って欲しい!
そんな気持ちでした。

一つ一つをパラフィン紙で包み、さらに桐箱に入れて、
特別な和紙で包みました。
まさに、箱入り娘です・笑

5個入りの江戸切子のお箸置き。セットで16200円。
1個、3000円以上のお箸置きです。
安くはありませんが・・・
広告費はほとんどかけなかったのにこの商品は売れました。
ロングテール、というものですね。

見えない「想い」は「形」に現れる

私は大学時代に美術史を専攻していました。
仏像が好きなので、精神性が形に現れるということは頭では理解していましたが、
この時の経験を経て、ものの形(デザイン)には
目には見えない「精神性(心・アイデンティティ)」が現れる。
それを理解してもらえた時に、購入していただけるのだと確信しました。

あなたの商品、あなたは大切に扱っていますか?

お箸置きの例でわかる通り、
「見えない想い」を「見える化 =目に見えるデザイン」として表に現すことで
お客様に伝わりました。
(テクニカルなことは色々ありますが、大筋は、こういうことです!)

その結果、10年を経た今も、販売され続けているのです。
(新宿伊勢丹さんで最近販売されているのを見かけました)

逆に、あなたの商品を、他ならぬあなたが大事に想っていなかったら、
価値を認めていなかったら、それはそのまま表現されてしまいます。
他の人も、大事に扱ってくれません。
(形あるもの・ないもの、どちらもおなじです)

改めて、磨き上げてきた技術やサービス、商品の
「価値」や「想いを」しっかり伝えられるデザイナーでありたいと思います!

まだ世に認められていない本物を、
世に送り出しますよ!

——- (・⊝・) BRANDORI DESIGN ——-

月1回のアートデイを楽しみませんか? Art Trip

記事一覧

brandori & nitadori

ブランディングデザイナー。トリ仲間のご縁でブランドリに師事。早稲田大学卒業後、グラフィックデザイナーとして制作会社に勤務、新国立劇場オペラ、経済系出版社、建設業の宣伝広...

関連記事一覧