1 Day Art & Life Desing Lab

art-lab

月1回のアート & ライフデザインラボ です。日常の中に小さな非日常をつくりませんか? 2019年になってから、私、似鳥は月1回、ひとりMTGを開催してきました。が、ついつい、他の仕事がはいって延期・・・なんてことが重なりました。また、行こう行こうとおもっているのに、美術館にも行けずにおり、これではいかん! ということで始めたのが、1 Day Art & Life Desing Labです。興味のある方はぜひご一緒に!

美術鑑賞について

作品はかつて生きた制作者 — 私たちと同じように食べ、悩み、生きた人 — が存在し、何らかの思いを形として残したものであり、制作者の思いの結晶です。私たちは作品をみるとき、ロジックよりも先に一目で「いいなぁ」「いやだなぁ」といった感情がわきあがります。その感情がなぜ沸き起こるのでしょうか? また、どこからやってくるのでしょうか?
制作者がその作品を作ることになった、あるいは、作らざるを得なかった「思い」に触れるとき、私たちはそこに共感、あるいは嫌悪する自己をも発見します。感情のサインを、もう一つ踏み込んで考えてみるとき、それは自己を知る旅になるのです。
美術観賞は、埋没しがちな毎日の中で、非日常を体験する手軽な手段のひとつであり、自己を知る旅ともいえるでしょう。そんな旅を日常にとりいれてみませんか?

ビジョンボードについて

よくブランドのイメージを固める際に活用する「イメージボード」を自分自身に活用してみませんか? 好きな雑誌を持ち寄り、その中でも特に惹かれる写真やイラストを切り抜いてボードに貼っていきます。直感で好きなものをセレクトして、貼っていくという、単純で楽しい作業です。直感で選んだものを貼っていくと、そこには何らかの共通点や、無意識の「こだわり」があることがわかります。他の参加者のボードと比較すると、その違いがさらに明確になります。他者との出会い(違い)から、自己を知り、理解することにもつながります。

着付

7月 浴衣着付け(@mifuru) → 日本の素朴絵(三井記念美術館) → ランチ(@ボン・グゥ神楽坂 )
8月 草間彌生美術館 → ビジョンボードづくり(@神楽坂 AOKOMEYA TOKYO)

9月 企画中

8月に開催した際、私似鳥はある場所の写真を切り抜いて貼りました。今度、ここに日帰り旅行でもしよう! と思ったのです。すると、不思議なことがおこりました。ブラタモリでその場所が紹介された時に解説者として出演していた方が、遠い親戚なのだと、母から聞いたのです。そのかたとFacebookでつながり、近いうちに伺うことになりました。ビジョンボードをつくると、こんなことが時々おこります。

大谷寺

その時に作ったビジョンボード実物!

参加費:
美術館入館料・・・1000〜1500円程度
ビジョンボード・・・雑誌代、印刷費、ボード代 実費
場所代・・・1000円程度

持ち物:
ビジョンボード制作の台紙・ハサミ・カッター・雑誌

場所:
美術館・・・現地集合
ビジョンボード・・・早稲田のシェアオフィス

参加者と相談の上決定しますが
平日10:30-17:00くらいの開催です。

8月22日 草間彌生美術館
9月・・・未定

定員:5名

参加検討中のかたはコメントまたはメッセージをお願いします。
ご連絡いただいた方に、日程調整の連絡をさせていただきます!

art-labo